Wednesday, May 31, 2006

伊勢湾奥のスレからしシーバス攻略@5/29




シーバスシーズンも入って日数が経つとアングラーも非常に

多く、入れ替わり立ち代りストラクチャーに着いた居着きのシ

ーバスを狙うので、魚も非常にスレてます。

活性の上がる、まず目を狙っても「コツ・ゴゴン」と1投・2投目

に反応が、あってもショートバイトでそれっきりに終わる事も多い。

そんな時、どうやって魚を釣りますか?

ルアーを変える・色を変える・アクションを加えるetc・・・。

色々と試行錯誤をすると思いますが、魚がルアーを追う軌道と

食わせのポイントをきっちり押さえて攻めるとあっさり魚は、釣れる

ものです。ただし何回もやり直しは効きません。一撃必釣りで狙って

下さいね!

色やアクションや自信のHITルアーに頼らないでまずは、どうやって

食わせるか?を考えてテンポ良く攻めるのがBest

特に居着きの魚が、特定のストラクチャーに潜んでいる場合は顕著

です。

さて、画像写真はただのシンキングリップレスですが、食わせるやり方

は只巻きじゃありません。

任意の食わせるストラクチャーに対して、タイトに見せる引きしろ分だけ

を投げて、手前でほんの僅かにカーブフォールして巻く!

そうユラユラと沈んだルアーを巻いて上昇軌道を作るのです。

イメージで言えば、長方形の対角線を作るイメージです。

ルアーにスレてなかなか食わない魚が、いるならばこの攻め手は非常

に有効です。これは、シーバスだけでは限りませんよ!

結局、方向にスレているのです。

毎回、同じ方向からルアーが泳いできても魚は、何度も反応を示しません。

水平方向の軌道を変える事と上昇移動の誘いは、高反応を示します。

海面に向かって逃げるベイトを演出すると言えば、分かりやすいかな?

しかし、竿で急激に上昇軌道をさせるよりもスローのような移動で上昇軌道

を描く手法にシンキングリップレスは有効ですよ!

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業