Friday, January 29, 2010

これは気になる@1/29



いつも使っているメインタックル
全般的に硬いというのが私の好み。
それと短いというのも・・・・
私的には、6ftも8ftも極論で言えば飛距離に大きな違いが出ません。
ロッドもアクションの違い・硬さの違いもあるので一概には言えません
が、中途半端に長いだけの竿ならば硬い短い竿でも十二分に釣りが
出来ると思ってます。
ただ、6ftと9ftの竿ならば長さによる飛距離の差はあると思います。
長いロッドは、リーチの長さでの良さという意味ではテトラ帯なんか
では掛けてからの取り込みやすさがあると思いますが・・・・
そういう意味の価値観しか長さのメリットはないかな?という考えで
短い・硬い竿でやってます。
シーバスロッドもガンガンに硬いロッドですし・・・
好みといか趣向なんでしょうね。


そんな中最近使ってみてこれは!と思ったのがバリバス
ビィオレンテシリーズのアジ用タックル
張りが強いビンビン系の竿です。
メバル用アジ用と専用ロッドの良さもさる事ながらやっぱり
いちいち狙う対象魚毎にロッドを使い分けするのは難しいですよね。
そうなってくるとある程度想定した魚と使うルアーでオールマイティさ
を求めるんですが・・・・
なかなか良いな!と思える物がないというのが正直な所です。
そんな中これはと思ったのがバリバスのロッド
フィッシングショーで実物を見て触れてみようかな?と密かに楽しみに
しています。
私の好みは、写真のタイプよりもう少し短い6ftクラス
使わせて頂いた竿よりもっと張りがあるという事で・・・・
どんな物ですかね~

3 Comments:

At January 31, 2010 9:26 PM, Anonymous しえら said...

バリバスがロッドを、出してた(これから?)んですねえ。
知らなかったです。
どこのブランクかな?設計は誰なんでしょうね??
リールは、大手2社と、海外の会社が少しだけ、という選択肢が狭いですけど、ロッドは大小さまざまなメーカーが多くて選び甲斐がありますね(笑)

 
At January 31, 2010 10:41 PM, Blogger I・furukawa said...

バリバリは、以前から出してますよ。
ブランクスは、中国のブランクスメーカー
ですね。
中国とは言え意外にも日本国内に流通して
いる製品の多くは中国のブランクスメーカ
ーで生産されたロッドですね。
中国のブランクスメーカーにも複数社ある
ようですよ。
バリバリで設計はだれがやっているのでしょうか?
私は知りませんが、相当よく出来ているので
良く分かってらっしゃる!と思います。
もしかすると社内部門または社内で相当釣り
好きな方が多いのかも知れませんね~

 
At January 31, 2010 10:42 PM, Blogger I・furukawa said...

バリバリってタイプミスでも笑えますが
バリバスですね!

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業