Sunday, January 07, 2007

ラインの絡まった鵜@1/7


[ 見え難いのですが、写真中央に鵜が写ってます]

この港は、三重県の北勢地域~愛知県内の方は良くご存知の
冨双埠頭で撮影したラインの絡まった鵜です。
一昨日、早朝岸壁際でもがく鵜を見つけましてあまりに動きが
おかしいので良く観察してみると体に釣り糸が巻きついて泳ぐ
事もままならず苦しみもがいていました。
その様子が、あまりに不憫に感じたのでタモで掬ってラインを外
そうとしましたが、残念ながらもがいて港内の中央付近までヨタ
ヨタと泳いでしまいました。
海を泳ぐ鵜に向かって餌を投入したりルアーを投入しても引っ掛
ける事は、無理なので根掛りやロープに絡んだラインが傍を泳い
だ際に絡んだのでしょう。
ただ、今回ばかりはラインの太さから5号前後の太さがありました
からこのクラスのラインをこの釣り場で使うのは、ルアーマンじゃ
ないかな?
数年前に顔にルアーが、刺さって付近の道路をもがき苦しむ姿
を見つけた事もありましたが、あまりにも生しい姿に大勢で鵜を
捕まえて外そうとしましたが人間と距離を離す鵜に接近する事も
ままならずどうにも出来ないでそのままになった事もありました。
釣り人が、何も意図してこうなる訳ではないけれどどうにかならな
いものか?と感じますね。

閑話休題
昨日・今日・明日も休日なんですが、所用で釣りに行けません。
特に昨日なんて風は若干ありましたが、絶好のヒラ日和でした。
釣りに行けない休日は、あの釣り場やこの釣り場
釣りたい魚が、頭上をグルグル回ります。
嗚呼、釣りに行きたいけれど我慢・我慢な休日です。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業