Thursday, May 06, 2010

「釣りビジョンRUN&GUN SALT」タックル@5/6


釣りビジョン「RUN&GUN SALT」 
HYOUGO GOMOKU ROTATIONで使っているタックルです。
番組HPの中でタックルデータをディレクターに送ってあったので
すが、未掲載だったので再放送している今のうちという事でブロ
グにUPです。
アイスジグ・五目ジグ・CD01・CD3L等で用いたのは、シグネチ
ャーシリーズというロッドです。
このロッドは、それこそ7年位か?8年位か?忘れましたが長く
使い続けているロッドです。
US Rapalaにて販売されいたロッドシリーズでスピニング・ベイト
の両方で長さ違いとパワー違いでシリーズ化されていましたが、
現在廃盤です。
この竿は、非常に良く出来ていまして・・・
私の中で何でも竿としてシーバス(セイゴクラスではなく!)からア
マゴまで色々な魚を釣っているのですが、何と言ってもバランスの
良い張りと柔らかさで不意の大物から小物まで幅広く使えるロッド
です。
アイスジグのF8釣法をスタートした頃から次第にメインロッドとして
使う頻度も更に上がりまして、3年前か4年前にティップを不注意で
折ってしまったのですが、そのまま取材だロケだ何だかんだと欠か
せない竿です。
昨年の釣りビジョンでも同じロッドを使っていましたが、小さいメバル
から尺クラスまで幅広いルアーで狙えてランカークラスのメバルは、
ぶっこ抜きしています。
特にアイスジグを使った釣り方では、硬すぎず柔らかすぎずという竿
が最適で・・店頭に並んでいるメバルロッド系統では柔らかすぎてア
クションさせにくいので、イメージ的にはライト系のバスロッドですね。
リールは、シマノカーディフ C3000HG メバルに使うにはかなりの
ハイギアなのですが・・・このリールは重宝します。
ハイギアなので風の強い時の糸ふけを取る時等々メバル用リールの
低ギア比のリールには出来ない巻上げの強さとスローで巻いたらゆっ
くり攻める事も両立出来るので私のメインリールです。
シーバスを掛けて20秒のファイトで抜き上げたのは、SP904という
広島の松尾君が作ったロッドです。
表記ウェイトで言えば「18g~50g」となっていますが、メタルジグ60g
をフルキャスト出来るパワーがあるので一般で販売されているシーバ
スロッドとは、趣が相当違います。
例えるならショアジギロッドに近いのですが、しかしシーバスロッドなの
でショアジギロッドに比べるとティップからベリーまでは、ややしなやか
です。(ショアジギロッドと比べるとですが)
ただ、限定生産の数が少ない竿で時折ヤフーオークションで販売され
ていますが、手放すのは勿体ないかな?と私は思います。
映像で「ヤバイヤバイ」とか言いながらやり取りしていましたが、あれ
カメラに映ってませんが、堤防から沖向き網が中途半端に3m位ゴミ
のように着いていたのです。そこに頭を突っ込むシーバスの頭をライ
ンテンションを一瞬抜いてそこから一気に頭の向きを変えて抜き上げ
たのがあの最後のシーンでした。
魚を掛ける前に先端に歩みよっていたのは、網があったから掛けたら
マズイなと思ったのです。
まっカメラマンが移動しにくい場所だったので動かないように釣っていた
からなんですが・・・・
このロッドに使ったリールは、daiwa セルテート3500でした。
使うタックルは、一般的な専用モデルよりパワー気味ですが幅の広い
ルアーが使えて私的には、使い勝手が凄く良いんです。
特にシーバスの70cmクラスまでなら目方によりますが、ゴボー抜き
ですしそれでいてフッコの当たりも弾きません。
どこかで見かけるのは難しいタックルですが、もしお持ちなら大切に使
ってあげて下さい。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業