Sunday, January 23, 2011

二週連続のボートゲーム@1/23



二週連続となった名古屋港内のボートゲーム
フィッシングショー用の動画を撮影しようと思っての二度目です。
先週は、風が強くて撮影にならなかったのですが・・・
今週は、もう一回という事で行いました。
でも、良い釣りをしましたが動画はやはり風の音にボート揺れ揺れ
で使えない映像で残念でした。



先週と同じく新作クラッキンミノー9cm

9cm 13g スローシンキングというスペックですが、海水では
スローフローティングです。
アクションは、ローリングを主体としたウォブリングアクションで
綺麗なスイミングアクションをします。
ボディむき出しのラトルからは「カチカチ」と耳に入るようなラトル
音で最近ではサイレント中心のミノーの中でもキャラがハッキリ
としたルアーです。

私としては、マル・ヒラ狙いで増水・濁りのきついシチュエーション
で効果的なルアーという位置付けなのです。
しかし、昨今のルアー人気の傾向から外れたアイテムかな?と
思うのであえてこのミノー中心でゲームを組み立てです。

ラトルがスレる?進行が早い!

と思う方も多いでしょうがベイトに狂った時濁り・増水の河川
荒れた海面での目立ち度は、ターゲットに捕食のきっかけを与え
るというルアーなんですよ。

まっ解説はなんであれ

当日は、これだけで8連発の入れ食いです。

ボートだったら釣れるという側面も条件でありますが、今シーズンは
陸で実績上げますよ。



ボートでのメバル
この日は、口先の浅い掛かりでフッキングが非常に悪いという
印象でしたが、これはジグヘッドのウェイトが重いという部分で
ジグヘッドウェイトを軽量にしてフックゲイブの広い番手にする
とフッキング率が格段に向上します。
最近ではキャロシンカーがあるのでこれを1.5g程度にしてジグ
ヘッドウェイトを極軽のセッティングがベスト



カサゴ・タケノコ狙いでは、先週忘れた「泳ぐエビタン」で再度
ゲームを仕切り直し
先週から月夜の大潮に変わったので「多分魚は移動するでしょう」
という予測通りに渋い条件
大潮の月夜は、今まで魚が居ても移動したり居ない場所に出現し
たりとターニングポイントになる事もしばし・・・
予想通りでしたが、渋かったです。


で、そんな時もバイトを拾って掛けて行ったらこんな感じで連発
もします。


と終わってライブウェルの魚を出して集合写真

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業