Friday, June 23, 2006

Mリグロッド Rapala CD-MR704MS




昨年から話題である黒鯛GAME専用ロッド「Rapala CD-MR704MS」
のご紹介

専用ロッドってシーバスロッドと何処が違うの?
黒鯛の竿って何が違うの?
Mリグって何なの?
ホッパーを使うポッピングとはまた違うの?
やっぱりへちを攻めるような竿なのかな?
とか等々色々と疑問が多いでしょうかね。

この竿を昨夜使う機会が、ありましたので色々な観点でインプレッションさせ
て頂きます。
ます、Mリグというのは「Rapala CD5~CD7」という名作ルアーのベリー
フックを取り除きそこにスプリットショット(ガン玉)を取り付けテールフック
をダブルに変更したカスタマイズルアーにてボトムを引いて黒鯛を狙う手法
なのです。他にRapalaルアーでテールダンサーというディープダイバーモデ
ルやスキッターポップというホッパーもあり、これでチヌの実績も非常に高い
ルアーもあります。

Mリグにて狙う場所は「シャロー」のボトム。
更に狙う場所で高確率の場所は「干潟のシャロー」という場所に焦点を合わせ
ています。
何故ボトム?一体どういう場所のボトム?と疑問のある方は多いでしょうが、
黒鯛は、シーバスと同じように伊勢湾内の沿岸に数多く居るのはご存知でし
ょうが、黒鯛を狙う場所として護岸のヘチを連想する方やボートシーバスでは
パイルを縦に攻める手法を連想させますが、これも黒鯛がこうした場所に居
るからこそ成立する釣り方でしょうが、黒鯛はこうした場所や河口の干潟にも
多く生息しています。
そうした黒鯛を狙う手法としてボトムを引きながら狙う手法が「鍵」と言えます。
それは、黒鯛という魚の「視軸」が真正面から下に対して焦点が合う目の構造
と食べているベイトの意識が「ボトム」にあるということです。
そうした習性を生かした釣法が、Mリグという手法なのですね。

現在、SHOPにて店頭販売されている黒鯛竿ではJacksonの「RAシャフト」が
各メーカに先駆けて発売されていますが、この竿とは作りとアクションが大きく
違います。


さて釣り竿全体を見て印象的なのは、色が非常に綺麗な青色であり斜めに光
が当たると写真のようなブランクス模様が浮かび上がります。
写真では、文字が金色に見えますが実際は「シルバー」で全体的にはシックな
装いです。
また、ガイドにはチタンフレームSICガイドのPEライン用を採用しています。
リールとルアーを付けた状態でのキャストフィールは、張りのあるファーストアク
ションで長さと調子は、他に売られているシーバスロッドの7ftクラスと比較して
も全体的に非常に張りのある竿です。
ティップからバットにかけて独特のあるテーパー形状をしています。

この竿の張りと調子は、キャスト時のティップ回転速度とブランクスに対する負荷
モーメントを竿全体へ伝える事で出来るのでブランクス反発力を素直に生み出す
事が出来きます。
そしてPEライン用のガイドを組み合わせているのでライン放出時の放出エネルギ
ーを「ラインをバタ付きなく収束を綺麗に納め」「ブランクスを叩かず」ルアーへ伝
えるので、レングス以上の飛距離を出してくれます。
一言でいえば、爽快なキャストフィールのあるバランスのまとまった投げやすい竿
という事と全体的な装いから所有欲も満たしてくれると思います。
色合いが、非常に綺麗ですね。

そしてここが、専用製品の味付け「必要な感度」を設定していること。
私も今まで手持ちの様々な竿でMリグを使って黒鯛を狙ってましたが、ルアーのリ
ップを常にボトムに当てる事は、手元に多くの情報が伝わり過ぎるのです。
粗い砂地と牡蠣ガラ混じりのボトムや全体的に泥底から砂地交じり等のボトムの
変化やその振動をグリップやハンドルに多く伝り過ぎて疲れるのも事実です。
これは、何も高感度シーバスロッドと呼ばれる竿だけが、持っている特徴でなく多く
のルアーロッドでほとんどがそうした感覚を手元に伝えて来ます。
こうした、振動をこの竿は必要な情報を「ボトム接地感・ボトム変化・当たり」として
手元に伝えてきますので集中力を維持しやすいという事が最大の特徴でしょう。
釣り竿の持つ振動を伝える性能を感度とすれば、必要周波数を伝えるように作った
と解釈すれば良いと思います。
しかしながら感度が悪いという事でもなくシンキングミノー早く引いて・急停止その後
カーブフォールでユラユラとルアーが沈む際にルアーが揺れているのも分かります。
昨夜、私が改めて思いましたが、感度が良いという表現も適切ではないですね。
必要な振動を伝える=必要な情報が手元に来るということの重要性です。

昨晩の試投では、リール本体「DAIWA2500」とルアーを各種色々な重さの物を投
げました。
釣り竿のルアー標記スペックはCD5~CD7(5g~18g)となっていますが、実際に
は21gのルアーもストレスなく力を抜かないで投げる事が出来ます。
気になる方は、来月からデリバリーされるので今から予約してみてはいかがですか?
近くのショップになければナチュラムで買う事が出来ますよ。

http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=409577

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業