Sunday, March 08, 2009

メバル探しのRUN&GUNと尺メバルまでもう一歩!@3/7




男の証明は、今回釣れた「赤メバル・白メバル・黒メバル」に
共通して付いてました。



キャスティングで連続アクションをアイスジグに与えてテンション
をワザと急激に抜いてスパイラルフォールさせるとこういう頭の
フックにフッキングという位置になります。


今回、アイスシャッドも大活躍
ダートの合間のフラッシング効果とアイスジグに比べるとゆっくり
のフォールスピードが、浅いシャローの掛け上がりに付いたメバル
を釣るのに効果的。


全く同じ場所に群れていた小型サイズ
これももれなく男の証明付き
メバルの種類は、外観の色で判断出来るような簡単な見分け
ではありません。
ちゃんと胸ビレを数えた上で他の特徴で判断しましょう。
この三匹は、二種類で「赤と白」でした。
スケールの0が合ってませんが、29センチでした。
リリース前に再計測しました。


もう少し明るい時間にアイスジグで釣りたかったですが・・・・・
29cmでした。
なかなか尺を超えませんね。
ちょっと日が沈んだ写真に見えてしまいますが、実際はもう少し
明るい時間で山の陰で暗くなってしまいました。
土曜日は、早朝から鳥羽市内~志摩市内のここぞという場所
を広範囲にリサーチしました。
そう、沿岸に居るメバルを日中にサイトもしくはキャスティング
で探してどのエリアが良いのかをリサーチするのが目的でした。
結果、居る場所・居ない場所と明暗が分かれます。
夜に良い場所・・・夜は全くと相変わらずの状態。
毎年、そうなのですが年を越すと産卵で子を産みに出掛けた
メバルで良いサイズは沖の産卵場に近いシャローに居るので
すが、それがまた戻って来るまでは時間がもう少し先です。
で、港の中はチビが少々という状態が多いのですが場所をしっ
かりリサーチすれば、中型クラスも居る場所も見つかります。
それにしても風が非常に強くて釣りが、しずらかったのでやり
やすい場所を探すのも苦労しました。
今年もアイスジグでランカーメバル捕獲出来たのが良い収穫で
すが・・・・
どうせ釣りをやるなら今日が良かったですわ。
日曜日に風もなく穏やかな天候になるとは・・・
雨って予報で言っていたから家の用事を入れたのにな~
ともあれ同行の釣友・・・お疲れさんでした!
また、行きましょうね!

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業