Thursday, September 17, 2009

煮詰まってきたので@9/17



原稿、煮詰まってきたので最近の気になる製品を・・・・・
富士ガイドのKシリーズ
富士から最新のガイドが発売される度に「おお~」っと驚き
と期待と時には「?」と様々な感想を抱いて来ましたが、なん
と言っても「ガイド」がなくちゃどんなルアーロッドも只の棒か
のべ竿程度の物なんですよね。
で、この最新のKシリーズ装着のロッドを最近見かけました。
その性能はいかに!と思いますね。
こういう製品が出ると少し前のロッドと糸が絡む・絡まないと
変な前提が付きそうですが、まま私の持っている古い竿で
SICが付いてる程度でも糸絡みがないのもあります。
勿論PEラインを使用する事なんて考えてもない時代の竿で
ありますが・・・・
遠くに飛ばそうと変な力みを入れて投げると糸絡みは、発生
しちゃうもんですが・・・
ラインが放出する時にブランクを叩くと飛距離低下に繋がる
事は、容易に想像出来るのでそういう意味では注目のガイド
なのかも知れませんね。





もっと過去の写真を集めてCD3Lの威力を紹介しようと心の中で
暖めてましたが・・・・写真を全部探すのに時間が掛かりそうなので
もう紹介します。
私の記憶が確かなら今月末位から店頭に並ぶとか・・・・
5年前に一度発売となって2年程で廃盤となったCD3Lがいよいよ
再販です!
前に書きましたが、5年前にラパラ・ジャパン(様)にて作って頂いて
製品となって販売されてましたが・・・・
時代より少し早かったようでそんなに注目されないまま姿を消して
しまいました。
そんなCD3Lもカラーを変えて専用カラーで復活です。
元々は、何をやっても食わないシビアなシーバスをコテンパンにやっ
つける性能を偶然の産物か?ひらめきか?やけくそ???だったの
かでCD3のリップをペンチで抜いてキャストするとそれまで沈黙の海
から急に魚が沸いてくる事を何度も確認してその後色々な魚を釣って
威力を実感したのが、このルアーなのです。
遠い昔にカウントダウンにリップレスシリーズが5cm~11cmまでライ
ンナップされていたのですが、5cmなんて究極のセコルアーだったのが
釣れない状況があったので3cmでやってみたら更に究極のセコルアー
だったのです(笑)
セコルアーなんて表現は、私としては名誉ある釣果をもたらす意味での
最大の誉め言葉なんですが・・・
使って実力をお試しあれ!
ムフフな魚の反応に驚きますよ!

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業