Wednesday, June 22, 2011

今が旬と言えば@6/22





カンパチの幼魚「シオ」
これも回遊してくる季節です。



幼魚とは言え
青物でも突っ込み系でパワーファイターなのでスリリングな
やりとりが、楽しめます。

そして・・・


フィッシングショーのセミナーでお話しました。

この魚
広い大海原を回遊しているのをひたすらロングキャストで攻める
スタイルは・・・・



「不要」



日中のライトタックルで攻めるのは最高のターゲットなんですが、
意外な場所に
思いがけない場所に
もっと言うと



そんな場所で!

という場所に居ます。



そういうポイント
見つける釣りも楽しい遊び方ですよ。



発見する楽しみ
今年の梅雨は、そういう遊びでやってみるのもお勧めです。

私的には、アイスジグW3/W5が「無敵」です。
五目ジグは、違うポイントを攻めるなら「大いに有り」ですが・・・
楽しみ方は、かなり違います。



フィッシングショーのセミナーで場所の見つけ方・探し方
どうやって釣るの??

というのも話のテーマにありました。


現場で偶然お会いして興味があればお聞き下さい。

そうそう幼魚と言っても平均30cmですが
私は、同じ攻め方で45cmというのも釣ってます。
一発、どうにもならずにやられた奴も居ました。
いい場所を見つけたら短時間2桁

そういう美味しいスポットで攻めるのには・・・・・
大切なコツがあります。
それがアイスジグW3/W5しか出来ないでしょうね。
良く似た「ダート系」
あるのも知ってますしコッソリ使ってみた事もありますが、
肝は、ダートするのではないんですよね@アイスジグ
そこが、一番理解出来る相手とも言えます。

見切りの達人
それが、シオって魚ですから!

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業