Thursday, January 08, 2009

祝復活!@1/8



http://www.rapala.co.jp/hot/hot-top.html

これを投げて当たりが、なければ魚は居ない!
イワシの化身と称号されるルアーは、カウントダウンの他に
この世に存在しません。
そんなルアーマンの切り札的リップ付きカウントダウンには、
かつてリップレスモデルが、随分前から存在していたのです。
それが3年?前に廃盤となり、店頭に残る在庫を買い漁る方
も多くいるくらいで、その実力を知るアングラーには、欠かせ
ないルアーだったのです。
以前、村越正海氏のコラムにも過去に良く使ったシーバスル
アーとしてカウントダウンリップレスの威力に魅せられたエピ
ソードが語られていましたが、市場にシンキングペンシルと最
近ではカテゴライズされて定番になってますが、そんな製品が
販売される前からの歴史と実力があるのですが、いよいよ再
び復活です!



CD7のリップを外してリップレスチューンというかリップレスが
ないので代用品として改造したルアーと貴重な廃盤モデルの
カウントダウンリップレス11cmと並べた写真です。
基本的には、リップを引きちぎってもアクションはリップレス独
特のほとんど動かないように見えるナチュラルアクションなの
です。
まっリップの外し方は、私のような大雑把はペンチで引きちぎる
とか?
切ってしまったりと色々ですけども・・・・




3センチと11センチのリップレスのツーショットです。
クロームベースのモデルもトィッチかけるとこれが水中でベイト
がギラっと光る光景とソックリなんです。



同じサイズでの比較ですが、リップレスモデルとリップ付きは
あるのとないのでアクションとレンジが大きく違うのですがね。
で3センチモデルは、一番新しいカウントダウンリップレスの
モデルとして販売されていたのですが、このルアーの生みの
親は私なんですよ!



3センチのリップレスならランカーメバル狙いにも最適ですし



フォールさせるとユラユラと水平にフォールするのでイカが、抱き
付いて離れなかったりもありましたね。




これは9センチのリップレスモデルですが、ランカーシーバスに
も効果絶大だったりするのですよ。
この魚は、四日市港内で釣った魚なんですよ。
83センチでしたね。
なかなかこのサイズの魚は、聞かないでしょ?
四日市港内でシーバス狙いの鉄板的な存在のルアーでしたから。



これはリップレスの三センチ




これはリップレスに改造した5センチです。

昔からルアーを売っていたお店じゃないと目にする機会が、なかった
ルアーだったのかも知れませんが、ノーマルのカウントダウンの実力
そのままにリップレスも非常に良く釣れるルアーだったんです。
ラパラのラインナップから消えた時には、非常に残念だったのですが
これが復活とは嬉しいニュースだなぁ~と私は思います。

1 Comments:

At January 17, 2009 10:36 AM, Anonymous しえら said...

CDLの復活はイイですね~~
個人的には、CDL3とCDL5が欲しいンですけど、3と5は復活しないんですかね??

 

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業